1918年(大正7年)6月1日、徳島県鳴門市にある板東俘虜収容施設でドイツ兵捕虜によって、 ベートーヴェン「第九」交響曲がアジアで初めて全曲演奏されました。
2018年(平成30年)に「第九」アジア初演から100周年を迎え、鳴門市では様々な記念事業が開催されます。
この記念すべき年を皆さんも一緒にお祝いしましょう!

100周年を記念し、「なると第九」のロゴマークが完成いたしました。デザインは、ドイツ兵捕虜作成の演奏会プログラムをモチーフとしており、数字の「9」に見え、音楽をイメージさせるとともに、ドイツの国旗の色を使用しています。

「なると第九」の詳しい情報はこちらからご覧いただけます。100周年記念事業の最新の情報をこちらから発信しておりますので、皆さまぜひご覧ください。(左のQRコードからもアクセスできます)
公式ウェブサイトはこちら


■「第九」のブック一覧


■関連リンク

  • 鳴門市ドイツ館
  • 鳴門市公式ウェブサイト なると第九
  • 鳴門市ドイツ館「板東俘虜収容所」資料Web

イベント一覧を見る

はじめてご利用される方へ
徳島市 市勢要覧
香川イーブックス
高知イーブックス

コンテンツ